快適に眠るためにすのこベッドを買おう【種類を知っておこう】

木の材質を活かしたベッド

種類も多くあるのが特徴

すのこベッド

健康を意識した就寝にはすのこベッドが有効で、寝ている間に溜まった汗や湿気を逃がすことから、季節に関係なく快適に寝ることができます。湿気はカビが繁殖しやすい環境なので、湿気で悩んでいる方は通気性を良くするすのこベッドを使うのもおすすめです。すのこベッドを購入するには、いくつかの種類があるので、それぞれ部屋の環境や利用目的にあわせて選ぶようにしましょう。すのこベッドには、一般的な床置きの折りたたみタイプが主流となっており、二つ折りと三つ折り、四つ折り、ロール式の種類が存在します。どの製品も必要のない時はコンパクトに折りたためるので、簡単に移動できるのがメリットです。寝る場所も取らないので、部屋の狭い方には大変重宝する製品と言えます。通常のベッドタイプと同じすのこベッドでは、ベッドフレームにすのこ板を取り付けることでしっかり固定され、折りたたみ不可のタイプとなっています。一段ベッドや二段ベッドがあり、メーカーによっては収納や照明付、高さ調節できるタイプなど多彩にあるのが特徴です。すのこ板のみ外すタイプが主流なので、布団干しにも便利で掃除も簡単にできるようになっています。すのこベッドに使われる材質は、桐や檜、杉やパイン材があり、とくに檜を使った製品では香りの良さが引き立つことで、リラックス効果や安眠効果が期待できます。温泉で使われている檜風呂と連想すればおわかりになるはずで、木の見た目の美しさと濃厚な香りによって多くの方が魅了されるでしょう。桐は吸収性に特化しダニやカビの繁殖を抑えることや軽さが利点で、杉やパイン材は低価格で木の暖かみを感じられる材質となっています。このような木の材質によるすのこベッドがあり、さらには樹脂で作られた製品までも販売されています。もちろん、どのタイプでもシングルやダブルがあるので、豊富にある種類の中からお気に入りのものを見つけ出し、購入してみてください。

いろんなタイプがあります

横になる女性

通気性の良いベッドを探している方はすのこベッドを購入すると満足することができます。スノコ板のすき間部分から湿気を逃がしやいため、通気性がよいためお手入れが楽です。いろんな材質で作られていますが、桐で作られているものを選ぶと便利です。一番軽い木のため、手軽に移動させることができ部屋の掃除をする際楽にできます。熱伝導率が低いという利点があり、冬は冷たくならず、夏は熱くならないので、快適な環境で睡眠をとることができます。リーズナブルな値段が良い方は、杉で作られているものがお勧めです。住宅にも使用されていることもあり、杉自体がリーズナブルなお値段で売買されているためお得に購入できます。雰囲気があるすのこベッドが良い方はパイン材を使用しているものがよいです。柔らかさがあり、優しい雰囲気を感じることができます。手触りも柔らかいため、心地よく感じることができます。また、フィトンチッドという香りがあるためリラックス効果もあり、すのこベッドを置くことにより部屋全体によい香りが広がり、くつろぐことができます。ベッドを置くスペースが確保できない方は、折り畳み式のものもあるため便利です。部屋の隅に置いておくことができるため、スペースを確保できます。桐タイプのものを選ぶと、折り曲げが簡単にできるためお勧めです。通販でも購入できますが、店舗がある場合は実際に見てから購入するとよいです。特に折り畳み式を選ぶ場合は、実際に自分ですのこベッドの折り曲げを試してみることができるため、安心して購入することができます。

予算があれば檜がベスト

ベッド

すのこベッドは通気性が良く、カビの発生が少ないというのが最大の特徴です。近年はおしゃれなデザインのすのこベッドがたくさん販売されているため、若い人からも支持を集めています。また、安価な商品も多く、通販で販売されているため気軽に購入できるというのも人気の理由でしょう。気に入ったデザインのベッドを見つければ、デザイン優先で選んでしまいます。しかし、睡眠は正常な日常生活をする上でもとても重要です。睡眠というと時間に関心がいきますが、質の良さも大切です。質の良い睡眠を取るには、デザインよりも寝心地の良いベッドを選ぶ必要があります。すのこベッドでの就寝で寝心地を求めるのならば、すのこ板に使用されている木材を知り、その木材の特徴を把握する事が大切です。すのこ板に使用されている材木は、桐や檜、杉が多く使われています。湿気対策を重視するのであれば、桐と檜がおすすめです。断熱性や軽さならば桐、長持ちし見た目が良いのは檜です。杉は桐と檜に少し劣るとはいえ、湿気対策や断熱性、見た目も優れています。しかし一番の魅力は、値段の安さです。一人暮らしを始める人には、安価な物が好まれます。ある程度の湿気対策や断熱性に優れて、値段も手ごろなすのこベツドを捜しているのであれば、すのこ板に杉を使用しているベッドを選びます。しかし、あまり安価なすのこベッドを購入すると、材質が悪い為カビが発生することや、長持ちをせずにまた購入しなければいけなくなる場合があります。長い目で見れば、購入時に高くても長く使い続けることができる方が経済的だといえます。そう考えれば、少し無理をしても桐か檜を使っているすのこベッドです。特に檜にはリラックスできる香があるので、癒され、疲れも取れます。

通気性が良いベッド

枕

すのこベッドは、通気性に優れて湿気がこもらないのが特徴のベッドで、快適でリラックスした眠りをもたらしてくれます。木材によって香りや寝心地が異なりますので、購入する際には、木材の種類に注目してみましょう。

もっと読む

通気性がよくカビにくい

すのこベッド

すのこベッドの特徴は、通気性がよくカビ対策に適しているところです。また、素材ごとに特徴があり、湿気対策を重視するならヒノキやキリが向いています。またキリが最も軽く移動しやすいです。香りがよくリラックス効果があるのはヒノキかパイン材です。

もっと読む

すのこを活用したベッド

枕

布団の湿気った感じが不快に感じるのなら、通気性のよいすのこベッドを利用して問題を解決しましょう。なお、初めてすのこベッドを購入するのなら、コーティングがされていて持ち運びのしやすい製品を選ぶことをおすすめします。

もっと読む